ライフスタイル

【人気NO.1】Foo Tokyoのタオルとバスオイルを使ってみた!フートウキョウおすすめギフト

こんにちは!ライターのエリーです。

2020年はステイホームでおうち時間が増えた分、ちょっとでも気分良く過ごせるよう普段使いのアイテムもワンランク上のものにしてみたり、今まで以上に生活の中でちょっとした楽しみを発見できるようになりました。

旅行など出かける機会が減った中、最近ハマっているのが海外のホテルに泊まった時のようなちょっと贅沢な気分にしてくれる「フートウキョウ(Foo Tokyo)」のバスアイテムです。

何が良いかということを一言で言うと、使い心地の良さはもちろん、お家にいながら非日常な気分に浸れるところ!見た目のデザインもまるで海外のラグジュアリーホテルのアメニティグッズのようでとっても素敵。それだけで気分が上がってしまいます。

さっそくですが、私が毎日お風呂上がりに使っているタオルと、繊細な香りに1日の疲れが癒されるバスオイルの2点を写真付きで詳しく口コミレビューしていきます。

 

気分はホテルの高級スパ!Foo Tokyoの極上バスタオル

フワフワのエアリーな肌触りが気に入って、毎日愛用しているこの白いタオル。白地にベージュで鳥のロゴが刺繍されていて、海外のホテルやスパで使われているタオルのような上質感と洗練されたデザインも素敵ですよね。これがフートウキョウ(Foo Tokyo)の看板アイテムともいえる、最高級オーガニックコットンを100%を使用した人気のタオルです。

ネットで注文すると、おしゃれな黒のパッケージで届きます。

写真からもその素材感がなんとなく伝わると思うのですが、触ったときの感触も見た目の通りフワフワで感動もののやわらかさ!!!

何より空気をたっぷり含んだような軽さは別格なんです。

ライターeri
ライターeri
とにかくフワフワで顔を埋めたくなる気持ちよさ!
手にした時の重さも、普通のタオルの半分ぐらいに感じるほどエアリーです。

 

肌触りもとってもなめらかなので、肌に触れるたびになんだかほっとするというか、天然100%ならではのやみつきになる心地よさ。毎日お風呂上がりや洗顔後に使ってますが、フワフワで肌触りが良すぎて、思わず頬擦りしたり顔を埋めてしまいます(笑)

タオルドライもスキンケアやボディケアの延長線上にあるものなので、お風呂上がりの癒し時間にはなくてはならないアイテムになってしまいました。

繊維はとても細かいですが、濡れた肌に繊維が残るなんてこともないですね。

お肌にやさしく、瞬時に吸水!

またこのタオルの特長として肌触り良さ以外にも、水に浮かすと5秒以内に沈み始めるという抜群の吸水性を持っているんです。

特に洗顔後の肌はデリケートな状態なので、固かったり吸水性の悪いタオルを使うと摩擦で肌を傷つけてしまうのですが、Fooタオルなら朝の忙しい時間も包み込む優しさで水分を瞬時に吸収してくれるから、触れている時間も短くて済むのでお肌もノーダメージ。女性にとって肌へのやさしさと機能性の両方を叶えてくれるタオルなんです。

ライターeri
ライターeri
美肌作りにも一役買ってくれるので、もう手放せません。

さすがは今治仕立て!メイドインジャパンの安心感

写真の日の丸のロゴマーク、見たことありますよね。日本の高品質タオルの生産地といえば「今治」。フートウキョウのタオルは、その今治タオルの産地内で手間暇かけて生産されています。吸水性も品質が長持ちするところも、丁寧に時間をかけてメイドインジャパンで作られているから。

その品質の高さが認められて、京都の老舗高級旅館や箱根のリゾートホテルでもFooタオルなど上質なアイテムが使用されているそうですよ。

上質さが一目瞭然!普通の白タオルと素材感を比較

さて、文字だけではタオルのふわふわな素材感が伝わりにくいと思ったので、家にある普通の白タオルと写真で比較してみました。

左がフートウキョウのタオル、右はニトリの定番白タオル。

きめ細かさが一目瞭然ですよね!!!

手にした時の重量も、体感ですが半分ぐらい軽い気がします。

Fooタオルは天然の繊維を使用しているのでとにかく柔らかくて軽いのが特長なのですが、使用している糸が通常の糸に比べて繊維のねじりが少なく、そのため空気を含んでフワフワに仕上がるのだそうです。

洗濯してもNOゴワゴワ!フワフワ感が長持ち

でも、タオルって買った時はふわふわでも、洗濯を繰り返すとどうしても硬くなりやすいですよね?!

下の写真は何度か洗濯した後の使用感のあるタオルですが、Fooタオルは洗濯してもゴワゴワすることなく、軽さと柔らかさを長くキープしてくれてます。

ジャンジャン洗濯してもOKですが、風合いを長持ちさせるコツとして

  • ネットに入れて洗濯機に入れる
  • 中性洗剤以外は使わない(塩素系の洗剤など)
  • 直射日光に当てず、なるべく日陰に干す

の3つを注意すると、買った時のやわらかさを長くキープできます。

ライターeri
ライターeri
買った時の美しい風合いが長持ちするのは、さすがは今治仕立てならでは。大事に使いたくなる安定の品質です。

付属の説明書きにはたっぷりの水で洗う縦型洗濯機の方が洗濯に向いてると書かれていたのですが、うちはドラム式の洗濯機ですが、それでもフワフワなタオルの風合いはそんなに変わらず維持してます。

ちなみにタオルはハンドタオル、フェイスタオル、バスタオルの3種類があるので、気になる方はネットショップでチェックしてみてください。

Foo Tokyo公式サイトはこちら

優雅な気分に浸れる、Foo Tokyoのバスオイル

さてここからはタオルと一緒に愛用している、美容効果に優れたバスオイルをご紹介します。

30mlと小ぶりなボトルに入ったバスオイルは、ローズヒップ、コメヌカ、アルガン、ヒマワリ種子油など美肌に良いオイルを中心にブレンドされています。疲れて帰ってきた夜も、このほのかな香りが邪気まで洗い流してくれる気がします(笑)

ライターeri
ライターeri
ボトルも海外製品みたいなおしゃれさですが、日本の入浴剤では味わえないすっきり系の洗練された香りです。

アロマはほのかにかおるぐらいなので、個性的すぎないのもいいですね。香りって人によってかなり好みが別れるところですが、このフートウキョウのバスオイルは、比較的万人受けする香りではないかなと思います。

バスオイルの見た目はうっすらイエロー系ですが、お風呂に入れると特に色はつきません。オイルをたらすと乳白色のように色が変化しますが、湯船はほぼ透明のまま。入浴後も浴槽にオイルが残って掃除が大変なんてこともありません。

オイルを入れた後、湯船をやさしく手でかき混ぜると蒸気とエッセンシャルオイルの香りがバスルーム中に充満して、あっという間に癒しのアロマ空間に。ゆっくり深呼吸して全身をリフレッシュします。

ボトルは30mlサイズで、だいたい20回分が目安です。特にメモリなどはついていないので、私は好みで調節してその日の気分で手持ちのアロマオイルとブレンドして使ったりもしていますが、そうやってアレンジできるのもまた楽しみのひとつなんですよね。

入浴後もオイルがお肌に薄い膜をはってくれるので、特に肌がカサカサする冬場や冷房で乾燥しがちな夏もシーズンを選ばず年中重宝。

ライターeri
ライターeri
シャンプーのすすぎに湯船のお湯を使うと、ドライヤーした後もほのかに髪の毛にリッチな香りが残っているのがイイ!

バスオイルはユニセックスで楽しめるので、むしろ男性の日々のお肌のケアにも使って欲しいアイテムかも!小ぶりサイズなので旅行に行った時や出張でホテルに泊まる時も、化粧ポーチに入れて持ち運びできます。

フートウキョウで人気NO.1のギフトセットはコレ

フートウキョウの中でも特に人気の高いのがタオルギフトです。

公式HPでチェックすると、現在17種類が用意されていました。ブラックのパッケージも洗練された高級感でとてもおしゃれですよね。光沢感のあるベージュのリボンに白い羽がついているのも、ひとひねりが効いていてとっても素敵です。

さて、フートウキョウ(Foo Tokyo)に問い合わせして聞いたところ、NO.1人気のタオルギフトは、私も日頃から使っているバスオイルが1本セットされたこのギフトでした。

FOO TOKYO
オーガニックコットン フェイスタオル&プレミアムバスオイル
タオル:オーガニックコットン 100%/33cm×85cm
オイル:30ml(約20回分)
価格:7,050円

>Foo Tokyo公式サイトでチェックする

FOO TOKYO
オーガニックコットン フェイスタオル(単品)
素材:オーガニックコットン 100%
サイズ:33cm×85cm
価格:2,500円

>Foo Tokyo公式サイトでチェックする

公式サイトで購入すると、パッケージの装飾仕様が選べます。

  1. タオルにブラックリボン(+200円)
  2. 外箱ラッピングリボン(+350円)
  3. メッセージカードの有無(無料)
  4. 熨斗の有無(無料)
  5. Foo Tokyoで使えるギフトカード(無料)

 

写真でご紹介したのは、①②を有料でプラスしたもの。熨斗までつけられるので、ちょっと改まったギフトにも使えますね。引き出物やお歳暮などにもぴったり。

ライターeri
ライターeri
1万円以内で買えて、ありきたりじゃなくて、高級感があって、センスがいいギフトって理想的じゃないですか〜!
高級タオルならどんな方に贈ってもハズさないはず。

またタオルの「白」とロゴの「鳥」が幸せを象徴しているそうなので、とっても縁起物がよさそうな印象ですよね。なので、結婚お祝いやお誕生日ギフトとしてもとっても喜ばれます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Foo Tokyo【公式】(@footokyo_official)がシェアした投稿

ちなみに女性用のブランドとされていますが、おしゃれに敏感な男性に贈っても洗練されたギフトとして喜ばれるのでおすすめ。ブランドのギフトというとありきたりなになりがちですが、ちょっと新鮮でさりげなくセンスの良さをアピールできるところも◎。クリスマスギフトやバレンタインのチョコに添えて贈ってみてはいかがでしょうか。

 

フートウキョウ(Foo Tokyo)ってどんなブランド?

フートウキョウ(Foo Tokyo)は忙しい毎日の中で心からリラックスできる時間の質を高めてくれるライフスタイルブランド。ブランド名の由来は、人がリラックスして脱力したときにゆっくりとはく「ふぅ」という息からきているそうです。

そのコンセプト通りこの記事でご紹介したバスタオルやバスオイルをはじめ、シルクパジャマや高級ルームウエア、ナイトコスメなど、特に夜のおうちでのリラックスタイム向けの上質なアイテムが揃います。

フートウキョウ(Foo Tokyo)は実店舗がなく、一部のアイテムを取扱う店舗も東京と福岡に2店舗のみ。定期的に百貨店などでポップアップイベントを開催することもあります。ですので、お買い物は豊富なアイテムが揃うフートウキョウ(Foo Tokyo)のオンラインショップがおすすめです。

Foo Tokyo公式サイトはこちら

まとめ

おうち時間を上質にしてくれるフートウキョウ(Foo Tokyo)のバスタオルを口コミレビューしてみました。

2020年はステイホームで気軽に遊びに行ったり外出の機会が減って、その分おうち時間を充実させたいという気持ちが芽生えた人も多いはず。

まだまだ家で過ごす時間が増えそうな秋冬は、バスタイムにちょっとリッチに自分磨きをしてみてはいかがでしょうか。「フートウキョウ(Foo Tokyo)」のラグジュアリーなアイテムで、非日常な癒しの時間を味わってみてください。

 

Foo Tokyo店舗一覧|全国のフートウキョウ取扱いショップ 日本生まれのライフスタイルブランド「フートウキョウ(Foo Tokyo)」。 この記事ではフートウキョウ(Foo Toky...
ABOUT ME
ライター|エリー
ライター|エリー
ファッションや美容にまつわることが大好きなライターです。 日本と海外を飛び回る生活をしていて、モノを増やさずコンパクトな暮らしをモットーにしているので、エアークローゼットやメチャカリなど洋服レンタルを愛用しています。