コーデ・着こなし

【スタイリストが教える】30代ぽっちゃりママの着痩せ術&コーデ(秋冬編)

20代の若い頃は体型の悩みなんて無縁、ダイエットも数日の食事のコントロールさえすれば、数キロの体重の減量もいとも簡単思いのままだった、という女子も多いのではないでしょうか?そんな20代を経て、年齢や出産と共に30代、体型の変化の訪れに悩み中のママも多くいるのが現実のようです。

出産で丸みを帯びた体型、産後もなかなか体重が落ちない、いつの間にか身体のライン、フォルムが変わってきたために、今までのおしゃれがどうもしっくり来なくなってしまったという声も多く寄せられています。

そんな悩みを抱えてはいるけれど、おしゃれは絶対に諦めたくない!そんな頑張るママに向けて、体型カバーファッションコーデに定評ある人気のスタイリストに、ぽっちゃり30代ママの大人可愛いコーデのテクニックをレクチャーしてもらいました。

30代ママの体型悩みポイントとは?

pinteresthttps://www.pinterest.jp/

30代のぽっちゃり体型のママは、知らず知らずのうちに上半身、下半身共に丸みを帯びて太見えしてきた、という人が大半なのではないでしょうか?

上半身は、

  • 肩から背中にかけての丸み
  • 首が短く、デコルテ周りがむくんで見える
  • 二の腕が太くなってきた
  • 脇からはみ出すぜい肉

というお悩み問題が主なようです。

下半身は、

  • お腹周りに脂肪がついてきた
  • 産後のお尻が大きく骨盤矯正してもなお大きい
  • 太もも周りが太く丸みを帯びてきた

という点が挙げられるようです。これらの上半身、下半身、それぞれの体型悩みをカバーして、着痩せしながら、トレンドを加味したおしゃれを楽しみたいものです。

スタイリストがこっそり教える、30代ママの体型カバー&着やせ術

出典:https://www.pinterest.jp出典:https://www.pinterest.jp

30代のぽっちゃり体型のママだって、おしゃれを思い切り楽しみたいですよね。スッキリ体型カバーが叶い、しかも着痩せできておしゃれになれる。そんな2019年秋冬のトレンドファッションを体型カバーファッションに定評あるスタイリストがご紹介します。

ぽっちゃり体型でもここさえ気をつければ、スタイルUP実現(上半身編)

小顔効果発揮!イヤーカフ&デザインピアスのダブル使いをマスターして

出典:https://www.pinterest.jphttps://www.pinterest.jp/

スタイルアップの一つに「小顔効果を狙う」というテクニックがあります。八頭身美人と言われるように、小顔効果を狙うのは、スタイルアップに欠かせない要素なのです。そんな小顔効果期待できるファッションアイテムが、大ぶりデザインピアス。

フープのような丸みのあるもの、縦長のもの、トレンドのイヤークリップ、イヤーカフなど、その種類も最近では豊富に揃っています。

出典:https://www.pinterest.jphttps://www.pinterest.jp/

秋冬には、首回りにストールやマフラー、ハイネックのアイテムも登場することから、ピアスやイヤリングは夏の装いに合うような大ぶりすぎるものより、適度なデザインタイプの方がおすすめです。

出典:https://www.pinterest.jphttps://www.pinterest.jp/

また、トレンドとして今話題に上がっているのが、イヤークリップやイヤーカフ。片耳につけたり、ピアスとバランスよく重ねつけするのが、おしゃれな人の間では人気なんだとか。耳の柔らかいところから、すっと差し込み、ストレスもあまりないので、楽チンアクセとしてもおすすめ。

シンプルで癖のないイヤーカフが一つあると、手持ちのピアスとミックスさせても新鮮に蘇り、さらに小顔見えも期待できるので、ぜひNEWアクセを購入するならチェックしてみてください。

肩、背中の丸み対策には、ワイドコクーンシルエットのプルオーバーが有効

出典:https://www.pinterest.jphttps://www.pinterest.jp/

知らぬ間についてしまった背中のお肉、丸みを帯びた後ろ姿に30代ママお悩み中の人も多いのではないでしょうか。そんなバックラインをすっきりと見せるには、タイトなトップスよりも、コクーンシルエットのプルオーバーシャツが有効です。

お尻や腰回りまカバーしてくれるのものであれば、なおOK。さらには、ネックラインに少し抜け感を持たせると、より素敵にこなれ感が出ておしゃれ見え可能です。

首が短く、デコルテ周りスッキリ実現には、Vネックアイテムが正解

出典:https://www.pinterest.jphttps://www.pinterest.jp/

30代になって、肩周りに次いで、首周りのお肉も気になり始めたママも多いのではないでしょうか?若い頃によく着ていたTシャツ、ラウンドネックや首つまりのニットやトレーナーなど、カジュアルアイテムには今もトレンドアイテムとして、多く登場しています。

ですが、着こなせていたはずのラウンドネックのものが、ある日からしっくりこなくなった、という悩みも 30代ママからチラホラ出てくるのもこの頃。

出典:https://www.pinterest.jphttps://www.pinterest.jp/

そんな時は、トップスのネックラインをラウンドからV ネックにチェンジしてみて。デコルテで深いVラインを作ると、シャープな印象に映り、胸元もすっきり見せる効果期待できます。襟付きシャツをボタン1,2個外してゆるく着こなすのも素敵です。

出典:https://www.pinterest.jphttps://www.pinterest.jp/

ラウンドネックは、デコルテに抜け感も生まれず、フェイスラインも強調されるので、詰まったタイプのラウンドネックは避けた方がベターです。どうしてもラウンドネックを着たい場合は、やや広がり気味なネックラインの方が、すっきり着痩せして見えるので、試してみてください。

太い二の腕、脇のはみ出すぜい肉には、ドロップショルダーアイテムに決まり

お子様を抱っこしたり、おんぶしたりして逞しくなった二の腕、ぽっちゃりと太くなり、タイトなカットソーを着ると、その太さが目につくこと、ありませんか?

リブカットソーは華奢な体型の人は可憐な雰囲気に着こなせますが、丸みを帯びたママには不向きです。

出典:https://www.pinterest.jphttps://www.pinterest.jp/

スリーブが緩め、肩位置が少し下がったドロップショルダーのトップスがおすすめです。二の腕もすんなり隠せますし、ドロップショルダーのゆったり感こそが、おしゃれな雰囲気なので、アイテムの力を味方につければ、太い二の腕の悩みも難なく解消されます。

ぽっちゃり体型でもここさえ気をつければ、スタイルUP実現(下半身編)

お腹周りに脂肪がついてきたなら、タックパンツがおすすめ

出典:https://www.pinterest.jphttps://www.pinterest.jp/

ぽっこり下腹も出て、ウエストラインもくびれが無くなってきたと感じる30代ママは、ピタッとしたパンツやデニムは余計下腹が目立つので、おすすめできません。ウエストやお腹の部分にタックの入ったパンツであれば、上手に悩みをカバーしてくれます。

出典:https://www.pinterest.jphttps://www.pinterest.jp/

下腹周りをデザインでカバーしてくれるパンツもモードな雰囲気になるので、辛口スタイル派ママにはおすすめです。

産後のお尻の大きさ大きくはニットボトムで広がりシルエットを抑えて

出典:https://www.pinterest.jphttps://www.pinterest.jp/

産後骨盤矯正をしたのに、若かりし頃の体型にはなかなか戻りづらいもの。お尻の大きさがきになる人には、実はニット素材のボトムがおすすめです。

一見ニットは伸縮性があるので、お尻も強調されると思われがちですが、広めのリブで、伸縮の柔らかいニット素材であれば、締め付けないので、ストンとしたボトムラインのシルエットが描かれます。ゆるニットボトムを上手に取り入れて、大人なトレンドスタイルを楽しんでみてはいかがでしょうか。

出典:https://www.pinterest.jphttps://www.pinterest.jp/

太もも周りが太く丸みを帯びてきた、揺れるスカートで目くらまし作戦

出典:https://www.pinterest.jphttps://www.plumpynuts.jp/wp-admin/

立ち仕事や育児でむくみが取れない脚や太もものはりの悩みも多くあります。若い頃によく履いていたスキニーデニムは太ももの太さも強調されてしますので、ゆったりしたフォルムのトレンドのスカートに更新してみてはいかがでしょうか?

おすすめはプリーツスカート。プリーツのデザインで太もものシルエットは見えず、おしゃれな雰囲気そのまま。プリーツの重みもあり、ふんわり広がり過ぎないので、着太りも回避できます。

30代ぽっちゃり体型のママ、シーン別おしゃれコーデ

ママは家事、育児だけでなく、母として幼稚園や保育園、学校保護者会、ママ友とのおつきあい、お仕事、妻として・・・何かと色々なシーンがあって、忙しいものです。

シーンによって装いも変えて上手に賢いママを演出しなくてはなりません。そんな忙しいママに相応しい、シーン別のおしゃれ着こなしテクニックを女性誌で活躍中のスタイリストが紹介します。

30代キャリアママは知的でスマートなオフィススタイルを

バリバリ働くキャリアママは会議や打ち合わせ、デスクワークなど、シーンも様々。あらゆる人に会うことも多いから、きちんとした印象の装いは鉄則です。最近はきちんとした装いもそこまで要されるオフィスは少なくなってきているようですが、それでも清楚さと知的な印象は持ち合わせていたいものです。

出典:https://www.pinterest.jphttps://www.pinterest.jp/

落ち感のある素材のボウタイブラウスは特におすすめです。秋冬の人気トレンドでもあり、ボウタイが縦長なラインを強調してくれるので、上半身すっきり見えします。首回りはタイはゆるっと結んで、多少の抜け感を作りすっきりさせることも忘れずに。

ママ会には品位と優しさをさり気なくアピール、ゆったりプルオーバーが◎

出典:https://www.pinterest.jp/

学校や幼稚園などのママ友との集まりには、品あるママを演出したいもの。子ども繋がりの関係では、ある程度の常識、品位キープは母として必要です。そんなシーンにはドロップショルダーのプルオーバーがおすすめ。落ち着いたネイビーやグレー黒など、シックな色調のものがGOOD。ドロップショルダーなら、背中の丸み帯びた体型もカバーしてくれ優しい印象もアピールできるので活用してみて。

運動会はアクティブさ重視しながらおしゃれに体型カバーがお約束

出典:https://www.pinterest.jphttps://www.pinterest.jp/

立ったり、座ったり、走ったり。朝から夕方まで一日中グラウンドにいることの多い運動会は、動きやすさ重視のスタイルはお約束です。全方位に視線があるからこそ、腰回りの体型カバーは絶対に必要です。

腰やヒップラインが隠れるくらいのビッグシルエットのゆるトップスはこんな日は大活躍間違いありません。トップスが面積が大きくなる分、ボトムはテーパードシルエットのパンツだとスタイルアップになります。

仲良しママとのショッピングやランチには

出典:https://www.pinterest.jphttps://www.pinterest.jp/pin/822540319422485091/?nic=1

仲良しなママ同士のお付き合いともなると、一緒にコストコへ食材を買いに行ったり、ランチをしたり、子どものお迎えの後に一緒に公園に流れたり、お家にお邪魔したり、などなどあらゆる用途を共に過ごすことも度々あります。そんな時にリラックスもできて、動きやすく体型カバーもできる優秀アイテムがシャツワンピースです。

春夏にも流行しましたが、2019の秋冬もそのままトレンドにランクイン。レギンスを合わせたスタイルに、ペタンコシューズで洗練されたおしゃれが完成します。

まとめ

30代ぽちゃりママの2019年秋冬のおすすめコーディネートはいかがでしたでしょうか?ポイントはデコルテ周りをすっきり見せる抜け感とゆったりシルエットのコクーンシャツに、ニット素材のボトムか、タックの入ったパンツ、プリーツスカートなどを上手にミックスさせることでしたね。

今期のトレンドは全体的にゆるルーズなパターンのアイテムが豊富なので、トレンドを取り入れて体型カバーも楽々叶います。これらのアイテム選びを参考に、2019年の秋冬のおしゃれも楽しんでみてくださいね。

 

【低身長コーデ】小柄を活かして可愛く!アイテム選びの極意低身長に悩みをもつ女性に向けて、体型のコンプレックスをカバーして可愛く見せるコーデのポイントを女性誌で活躍中のプロのスタイリストが徹底レクチャー。洋服選び、ファッションで魅力的に自分を見せる失敗しない方法をご紹介します。...
肩幅が広い女性に似合う服と華奢に見えるコーデのポイントは?肩幅が広く、イカリ肩。鏡に映る自分のたくましい上半身を見てはため息。女の子らしい華奢な肩とは無縁で、ありとあらゆる可愛いテイストの洋服を...
ABOUT ME
スタイリスト|miwa
スタイリスト|miwa
女性ファッション誌で活躍する現役スタイリスト。 プロならではの目線で着こなしのコツやライフスタイルのアイデアを提案しています。