コーデ・着こなし

洋服を上手に断捨離!着ない服を捨てるコツと理想的な枚数は?

気に入っていたけどサイズが合わなくなってしまったり、いつか着るつもりだったけど気がつけば何年もクローゼットの中で眠ったままの服ってありますよね。

捨ててしまいたいけど未練もあって決断できないまま月日が経ってしまい、どんどんクローゼットが膨らむばかり…と悩んでいる女性は多いですよね。そんな時は思い切って「断捨離」することをおすすめします。

断捨離で不要な服を処分すると、クローセットの中身がスマートになるだけでなく、精神面にも良い影響を起こし、運気まで上げる効果があるといわれています。

この記事では捨てられない洋服を思い切って断捨離するコツをご紹介します。

断捨離とは?

断捨離とは単なる「片づけ術」ではなく、不要なものを減らしてスマートに暮らし、意識や生活の質も上げていく考え方のこと。

元々は、ヨガ指導者で思想家の沖正弘さんが「生活に調和をもたらす思考」と提唱したのですが、2009年に作家のやましたひでこさんが断捨離について本を出版したことで断捨離ブームが起こりました。

最近では、断捨離する人のことを「ミニマリスト」とも呼んでおり、持ち物をできるだけ減らし、必要最小限の物だけで暮らす人が年々、増えているのです。

運気もUP!?断捨離のメリット

断捨離はモノを減らすだけでなく、運気を上げる効果もあります。しかし、多くの方がものを捨てたら、いざという時に困るのではないかと考えますよね。

実際は「念のために…」と取っておいても、その後、何年も使わずに終わってしまう場合がほとんどです。必要最小限のものだけ揃えておけば良いので、思い切って断捨離したとしても、後から後悔する人はほとんどいません。

モノを捨てると考えると最悪感も生まれますが、断捨離をすることで「本当に自分に必要なものを選ぶ感覚が身につく」としたら、とてもポジティブですよね。

洋服が捨てられないと悩んでいる方には、ぜひ断捨離がもたらすメリットを知っていただけたらと思います。

片付けが楽にできる

洋服を選ぶ際や、着たい服を探す際に一度にどんどん服を出してしまい、いざ決まっても後からしまうのが大変ですが、断捨離することで選ぶ量が少なくなるので片付けする手間がなくなります。

また、衣替えの際も必要最低限の量しかなければ、部屋が洋服であふれることがないので、片付けが大変になるなんてこともありません。

洋服が多いと片付けするにも収納する場所を確保しなければならないため、収納スペースを確保するのも大変ですが、その手間も省けるので必要最低限の量で充分なのです。

洋服のコーディネートに悩まない

洋服の量が多いとコーディネートを組む際に悩んでしまい、結局いつもと同じ服を着る場合が多くあります。

しかし、断捨離して必要最低限の服で抑えておけば、自分の持っている服を把握できるので悩むことがありません。

また、手持ちの服が少なければ、忙しい朝でも服選びの時間をショートカットできるのでとても効率的。

あのスティーブ・ジョブズも「服を考える時間が無駄」と考え、黒のタートルネックにジーンズというスタイルを貫いていたのは有名な話です。

自分の時間が増える

服を選ぶのに悩む時間がかからず、片付けの時間も減るので自分の時間を増やすことができます。

自分の時間が増えることで、仕事のアイデアを考えたり、家事や趣味に集中したりするなど、時間を有効に活用することができるので時間が増えることはとても良いことなのです。

また、断捨離すれば探しものも簡単に見つけ出すことができるので、いちいち探す時間を減らせるのも嬉しいですよね。

ものを減らすことで時間の無駄を防ぐことができるので、自分の時間を増やすために断捨離する人は増えているのです。

心がスッキリして運気も上昇?!

断捨離することで余分なものがなくなるので、自分の心にデトックス効果をもたらし、気分を上げることにつながります。

部屋を掃除すると運気がよくなると言われるように、物を減らすと部屋やクローゼットの中身もすっきりして気分がとても明るくなり、その結果、ラッキーな出来事を引き寄せやすくなることも。

物を減らすことはストレスの軽減にもつながるので、精神的にも安定した日々を送ることができます。いらないものを手放すことで自分自身をリセットできるのも、断捨離の大きなメリットですね。

浪費が減る

断捨離をしてクローゼットの中がきれいになると、その状態をキープするために極力買い物を控えるようになります。

不要なものがなくなってスッキリすると、頭の中も整理されて自分の価値観が明確になるため、本当に必要なことだけにお金をかけるようになります。

普段の無駄使いがなくなれば、その分のお金を貯金することもできますし、これまで浪費していたお金で海外旅行や美味しい食事を楽しむことができれば、ずいぶん人生が豊かになりますよね。

断捨離のルールと上手に洋服を捨てるコツ

もう着ない服を断捨離したいと思っても、服は何枚まで取っておくべきか悩んだり、どれから捨てれば良いかわからなってしまったりして、結局捨てることができないまま時間が過ぎてしまう方もいらっしゃいます。

そんな方のために、ここでは断捨離のルールや上手に洋服を捨てるためのコツなどを紹介します。

全ての服を出して確認する

まず、自分が現時点で持っている服を全て把握するために、クローゼットやタンスから全て出します。全て出すことで自分がどのくらいの量の服を持っているか、まず確認することがからはじめましょう。

また、クローゼットから出すことで全く使っていなかった服を見つけ出すことができるので、全く使っていない服はすぐに処分することができますよね。

なので、一度全て見える場所に出して1つ1つを確認できるようにしましょう。

1年以上着用していない服は処分する

全ての服を把握したら何の服から捨てるべきか悩む方も多くいますが、購入してから1年以上経っても着ていない服は、今後も着る可能性は少ないので処分してしまいましょう

タンスやクローゼットから取り出す機会が滅多にない服は、今後もタンスの肥やしのまま着用することがない可能性が高く、多くの方は目に見えるアイテムでコーディネートを組んで出かけることが多いのです。

なので、1年以上着ていない服がある場合はすぐに処分してしまいましょう。

サイズが合わなくなったものは処分する

買った当初はぴったりサイズだったアイテムでも、現在はサイズが合わない場合は処分してしまいましょう。

よく、痩せたら着ることができるから取っておく考えをする方が多くいますが、実際はそのまま忘れてしまう場合がほとんどです。

もし痩せた場合でも、もっと素敵な洋服に巡り合って購入してしまい、かつてからある服は着ることがないままタンスの肥やしとなることが多くあります。

なので、サイズが合わなくなった服は潔く処分してしまいましょう。

似たような服は処分する

同じようなデザインの服がある場合は、その中から気にいっているアイテムを1つに絞り、残りは処分してしまいましょう。

例えば、ワンピースやトップスなど、似たようなデザインのものばかり揃ってしまうことがありますよね。しかし、同じようなものは結局、その中から1番気にいっているアイテムを選ぶため、残ったアイテムはほとんど出番がないのです。

また、コーディネートのバリエーションも少なくなり、いつも同じ服を着ているのではないかと相手に思われてしまいがちです。

なので、似たような服はなるべく揃えず、ある場合は処分してしまいましょう。

似合わないアイテムは処分する

服を捨てる前に一度着てみて、似合わないと感じたものや、いつか着るだろうと思って購入したアイテムは処分してしまいましょう。

自分に似合う洋服の色やデザインなどを知ることは、これから物を増やさず暮らすためにはとても大切なこと。

また、捨てずに残しておく洋服のテイストを揃えることで、少ない量でもコーディネートがしやすくなります。

基準が知りたい!断捨離後の理想的な洋服の枚数は?

出典:https://www.pinterest.jp/

 

断捨離した後の洋服の理想的な枚数は、春夏秋冬のシーズンごとに25着、合計で100着ぐらいが理想的です。

 

例えば、春夏の場合なら

トップス10着

パンツやスカートなどのボトムス10着

ワンピース5着

これで、合計25着です。

 

たった25着で大丈夫?と思うかもしれませんが、毎日違うトップスとボトムスを組み合わせても、100パターンのコーディネートができ上がります。

1シーズン90日とすると、これだけあれば十分着回せますよね。職場に制服がある方などは、さらに枚数を減らしても事足りることがお分りいただけると思います。

 

そして秋冬の場合なら、

トップス9着、

ボトムス9着、

ワンピース3着、

コートやジャケットなどのアウター4着

これで、合計25着です。

 

少ない洋服枚数でおしゃれするためには、アイテムごとの枚数をバランスよく見極めて、着る服だけを厳選しておくことがポイント!

必要なアイテムを見極める時には、事前にアイテムごとで数を決めておくと偏らなくて済みます。枚数が偏ってしまうと、コーディネートを組むのが大変になるので断捨離をする前に目安の枚数を決めておくのが効率的です。

また、断捨離した後に新たに服を購入した場合は、1枚買ったら1枚処分するというように、買った枚数に応じて処分していくと服が増え続けることがないくておすすめです。

少ない洋服の枚数で旬のおしゃれを楽しむ方法

断捨離後に服を増やさない方法として、ファッションレンタルサイトでを利用するのもおすすめです。ファッションレンタルならば、一定の期間が経ったら返却するので着ない服がでクローゼットがいっぱいになったりすることがありません。

それに、レンタルなら似合わなければすぐ返却すれば洋服が増えることもありませんし、自分が普段着ないような服やワンシーズンで着なくなるような旬のアイテムにも気軽に挑戦することができるので、お財布にもやさしいです。

洋服のレンタルは月額料金を支払えば服を借り放題というサービスが多く、最近では所有する洋服を必要最小限に抑えて、ファッションレンタルを利用してシーズンごとにトレンドの洋服を楽しむという方が増えています。

少ない洋服でもおしゃれを思い切り楽しみたい方は、ファッションレンタルの利用がおすすめです。

 

⬇︎洋服レンタルを無料体験してみる⬇︎

airCloset

参考にしたいミニマリストの有名人

一昔前までは芸能人といえば高価なものに囲まれて派手な暮らしをしているイメージでしたが、最近では断捨離で持ち物を最小限に暮らす方が増えています。

ここではミニマリスト的な考えに基づいてシンプルライフを実践している有名人をピックアップしました。

ぜひその考え方を参考にしてみてください。

「服は10着しか持っていない?」北川景子さんの考え方

出典:https://www.cinematoday.jp

 

女優として多くのドラマや映画で活躍している北川景子さんですが、実は服を10着しか持たないほどのミニマリストなのをご存じでしたか?

女優さんは化粧品や衣装などをキャリーバッグに詰めて持ってくるのが一般的ですが、北川さんバッグ1つのみで、化粧もせず、スッピンの状態で楽屋入りすると言われるほどのミニマリストなのです。女優さんにしては珍しいですよね。

北川さんは1つのものを大事にし、長年使用するそうで、コートも10年ほど同じものを着用し、自分の中でもういいと思ったら買い替えて、新しく買い替えたコートを長い期間使うようにしていると言っています。

ちなみに、夫でロック歌手として活躍しているDAIGOさんは元々オシャレ好きで、倉庫を借りるほどの量の服を持っていたのですが、北川さんが勝手に捨てていたようです。北川さんが相当のミニマリストだということがわかりますよね。

DAIGOさんは相当ショックを受けたと思いますが、現在は北川さんの影響か、整理収納アドバイサーの資格も取得しています。夫婦でミニマリストになれば部屋をキレイにするだけでなく、価値観も合うので夫婦生活をより円満にさせることができますね。

メンタリストDaiGoさんの「時間を短縮させる」考え方

出典:https://townwork.net

 

メンタリストとして活躍しているDaiGoさんは、必要最低限の量だけ持っておくことで時間を有効活用させる考え方を持っています。そのため、フォーマルウェアを3着、カジュアルウェアを4着、羽織を2着のみしか服を持っていません。同じカテゴリーのものは5種類以下で抑えるようにしているのです。

量が多いことで選択肢が増えてしまい、悩んで時間を無駄にしてしまうので、必要最低限のみ置くというのがDaiGoさんの考え方です。

また、服を収納する際にあらかじめ上下コーディネートをして収納しています。セットしておくことで時間短縮できるので、服に悩む時間をより短縮することができるのです。

服を最低限に抑え、さらに事前にコーディネートを組んでおけば、かなりの時間短縮ができるので、時間を有効活用できて便利ですよね。

時間を有効に活用するで、できることも増えるので悩むことで時間をかけないのはDaiGoさんらしい考え方です。

「心が動いたら買う」ホスト・ローランドさんの考え方

出典:https://www.excite.co.jp

 

歌舞伎町のカリスマホストで、最近でテレビやイベントにも出演しているローランドさんは、アイデアを考えたり、やりたいことに集中したりするために余分なものは排除する考え方をしており、もし何かを購入する場合は「心が動いたら買う」と発言しています。

さらに動画でも自宅のクローゼットを公開し、仕事で着用するジャケットは1着しか持っていないと語っています。ローランドさんはとびきりの1つを大事にし、長年愛用しています。

毎日同じ服を着るので、自分の体型の変化がわかり、体型を維持することができると言っています。また、ほつれや汚れもすぐにわかるのですぐに治すこともでき、いつまでも大事に着用することができるのです。

また、ローランドさんは、「住所のないものは置かない」と発言しています。1つ1つのものの置き場所を決めていて、置き場所がないものは置かないようにしているのです。置き場所のことを住所と呼ぶところから、本当にもの1つ1つを大事にしている様子がうかがえますね。

仕事ではストイックなローランドさんですが、私生活でもストイックさが感じられます。

「ときめく服を残す」こんまりさんの考え方

出典:https://www.nippon.com

 

片付けコンサルタントとしていまや世界的にブレイクしている「こんまり」こと近藤麻理恵さんは、断捨離には捨てる考えよりも残す考え方を持っており、服を処分する時は、捨てる服を選ぶのではなく、残したい服を選んでいます。

1つ1つ手に取って確認し、自分の中でときめいた服だけ選ぶことで、毎日のコーディネートもお気に入りの服だけ着ることができるので、気分も上げることができるのです。

また、近藤さんは収納する時は同じアイテムは分散せずに1か所にまとめて収納するのもポイントだと言っています。

まとめることで管理しやすくなるので、いつまでもキレイな部屋を保つことができるのです。

自分の中でときめく服を着れば、部屋がキレイになるだけでなく、毎日の生活も明るくなるので運気も上がりそうですね。

売る?捨てる?断捨離後の洋服

断捨離後の洋服は捨てて処分する人もいますが、最近ではリサイクルショップに持っていくか、もしくはメルカリなどフリマアプリで売りに出す人も多くいます。

使用しなくなった服を売ることで、処分されることなく、別の人が大事に使用してくれるので捨てた時の罪悪感がないのです。もちろん、お金にもなるのでお得ですよね。

ちなみにリサイクルショップで売るか、フリマアプリで売るかで悩まれる方も多くいますが、リサイクルショップは量り売りなど、単価は安いものの一気に買い取ってもらえるのが良い部分です。

フリマアプリの場合は売れるまで在庫が残っているので、せっかく断捨離をしても売れないといつまでも手放したい服が部屋に溜まったままになってしまいます。

その点、リサイクルショップなら買い取れない商品でも処分してくれる場合があり、持って行けばすぐになくすことができるのでおすすめです。

また、最近ではテレビCMでもおなじみの「ブランディア」などブランド物の宅配買取サービスも人気。無料で査定してくれるうえに往復の送料も無料なので、ブランド物の洋服や小物を処分したい方はぜひ利用してみてください。

また売るだけでなく、着てくれる友人に譲るか、慈善団体に寄付するというのも選択肢の一つですね。

 

⬇︎送料無料で楽チン!洋服の宅配買取はこちら⬇︎


まとめ

クローゼットを整理してキレイにするだけでなく、片付けるという行為と通して自分自身を見つめ直し、人生をより良い方向に導くのが「断捨離」。

洋服の量が多いとコーディネートに悩んでしまい、着こなしがワンパターンになってしまいがちですが、少ない数で自分のお気に入りだけ揃えておけば、悩む時間も減り忙しい朝も時間を無駄にすることなく効率的に過ごせます。

かつては「服が多い=オシャレ」が主流でしたが、現在は「服の着まわし方=オシャレ」の時代に変化しつつあります。服を減らすことで、本当に好きなものや自分似合うものを見極めることができ、ファッションセンスも磨かれます。

断捨離をして心身ともにすっきりし、暮らしもファッションも引き算の考え方で楽しんでいけたらいいですね。

 

エアークローゼットを働く40代が使った感想!届いたブランドと服を公開 こんにちは! 40代ライターのエリーです。 洋服が大好きなのでいままでいろんなファッションを試してきましたが、服を断...
【40代向け】ファション(洋服)のレンタルサービス4社を徹底比較 こんにちは!ファッションレンタルを利用し始めて1年のライターエリーです。 断捨離ブーム以降、買うのが当たり前だった洋服を「...

 

airCloset